外構・エクステリアの相談受付中!(無料)

LIXILフェンスABを比較表で完全解説!【おすすめの1枚が必ず見つかる】

LIXILフェンスAB
  • 外構でLIXILのフェンスABを提案された
  • よさそうなフェンスだけど種類が多くて選びにくい
  • 中でもおすすめがあったら教えて!

LIXILのフェンスABは、デザインの豊富さ、価格のバランスがとれた人気のシリーズです。

どんなデザインにも対応できる万能さで間違いのない1枚。

しかし、普段から扱っている業者はお手のものかもしれませんが、予備知識のないユーザーが選ぶには情報が多すぎる欠点もあります。

この記事を読むことでフェンスABが理解でき、商品選びの時間を短縮できます。

短縮した時間を重要な『業者選び』にあてて、満足のいく外構を手に入れましょう。

外構は業者選びが9割

きつね

現役エクステリアプランナー/1級土木施工管理技士のきつね(@ktn_ktn_3)がお送りします。

目次

フェンスABはLIXILのスタンダードなアルミ形材けいざいフェンス

フェンスAB YL1型
YL1型

フェンスABは、LIXILのスタンダードなアルミ形材けいざいフェンスです。

横・縦・採光の3つを基本に8デザイン19タイプをラインナップ。

豊富なデザインで人気のあるフェンスです。

きつね

実際に私もお客さんに提案することが1番多いフェンスです。

【比較表あり】フェンスABを完全比較

比較資料

元々ライシス・プレスタ・セレビューと別々だったフェンスを2020年に統合し登場したのがフェンスAB。

統合されたことで、選びやすさがアップしています。

しかし、予備知識のないユーザーは種類が多さから、まだまだ迷う可能性があります。

そんな悩みを解決するため、今回は全タイプをまとめて比較表を作成しました。

きつね

最適なフェンス選びの参考にしてください!

【予備知識】型番の見分け方

比較表の前に、アルファベットと数字でパッと見わかりづらいのでワンポイントアドバイス。

アルファベットはローマ字読みでだいたいの種類が見分けらます。

YL よこルーバー

YSよこスリット

YMよこ目隠し

TS たてスリット

TMたて目隠し

数字については、小さい方が細いデザインで、大きくなるにつれて太いデザインになっていきます。(なぜか横ルーバーだけが例外)

フェンスAB比較表

デザイン型番概要セット価格高さ(㎝)片面or両面目隠し率
横ルーバーYL1型細いルーバー35,700円アルミ5色60~140㎝片面100%
YL2型太いルーバー30,500円アルミ5色 
木調6色
60~120㎝片面
YL3型中間のルーバー28,000円アルミ5色60~120㎝片面
横スリットYS1型細いスリット37,600円アルミ5色 
木調6色
60~120㎝両面80%
YS2型中間のスリット33,500円アルミ5色 
木調6色
60~120㎝両面
YS3型太いスリット26,800円アルミ5色 
木調3色
60~120㎝片面
横目隠しYM1型細い目隠し35,700円アルミ5色60~140㎝片面100%
YM2型太い目隠し30,500円アルミ5色60~120㎝片面
横格子YR1型細い、すきま小さい35,100円アルミ5色60~120㎝両面45%
YR2型細いすきま大きい23,000円アルミ5色60~100㎝両面
YR3型太い、すきま大きい28,900円アルミ5色60~100㎝両面
縦スリットTS1型細いスリット37,600円アルミ5色 
木調6色
60~120㎝両面80%
TS2型太いスリット26,800円アルミ5色 
木調3色
60~120㎝片面
縦目隠しTM1型縦の目隠し35,000円アルミ5色60~120㎝両面100%
縦格子TR1型細い32,700円アルミ5色60~120㎝両面45%
TR2型細い、すきま大きい23,000円アルミ5色60~100㎝両面
TR3型太い29,100円アルミ5色60~100㎝両面
採光採光パネルYT1型ポリカパネル42,400円アルミ5色60~120㎝両面100%
採光ルーバYT2型ポリカ素材のルーバー50,300円アルミ5色60~120㎝片面

セット価格は、高さ80㎝パネル本体1枚と柱1本(取付部材つき)の定価価格です。

高さは20㎝きざみで設定されています。

例:60~120㎝なら、60㎝・80㎝・100㎝・120㎝の設定

条件別おすすめデザイン

条件別

比較表を元にパターン別のおすすめを解説していきます。

1番安い目隠しがほしい人

フェンスAB YL3型
YL3型

最安値の目隠しは横ルーバーのYL3型。

太めの横ルーバーデザインが好みなら間違いのない1枚です。

木調デザインがほしい人

フェンスAB YL2型
YL2型

フェンスABの強みは木調デザインです。

この価格帯のフェンスで木調を選べるのはLIXILだけなので、木調がほしい人におすすめ。

木調のラインナップがあるのはつぎの6タイプです。

  • 横ルーバーのYL2型
  • 横スリットのYS1型、YS2型、YS3型
  • 縦スリットのTS1型、TS2型

さらに分類するとYS3型、TS2型は枠の色がシャイングレーで木調3色から選択。

YL2型、YS1型、YS2型、TS1型は枠の色を2パターンから選択できます。(シャイングレーかブラック)

より引き締めた印象にしたい、建物が黒を基調にしている住宅におすすめの1枚です。

ちなみに木調デザインの最安値モデルは、横スリットのYS3型と縦スリットのTS2型。

気になる木調の値段は、アルミ色の1.3~1.6倍です。

両面デザインがほしい人

フェンスAB YS1型
YS1型

一般的にフェンスは、外部から見える面が表で、家側から見える面が裏です。

表のデザインはよくても中から見ると微妙なんてことがあり得ます。

フェンスABでは、中から見てもきれいな両面デザインをラインナップ。

両面デザインはつぎの10タイプです。

  • 横スリットのYS1型、YS2型
  • 横格子のYR1型、YR2型、YR3型
  • 縦スリットのTS1型
  • 縦目隠しのTM1型
  • 縦格子のTR1型、TR2型、TR3型

ルーバータイプは構造上片面デザインだけです。

手間がかかっているので当然ですが、値段は両面のほうが高いです。

きつね

木調+両面デザインは、採光ルーバー以上の値段になるので慎重に選択しましょう!

フェンスの高さを出したい人

フェンスAB YL1型
YL1型

フェンスの高さを出したいなら、140㎝の設定があるYL1型、YM1型です。

高さを出したいということは目隠し目的だと思いますが、1つ注意点として、ブロック上には施工できません。

道路と敷地の高低差があって、独立基礎施工でも目隠しできる条件で効果的なラインナップです。

1段でカバーできない高さは、多段柱施工(2段or3段)を検討しましょう。

フェンスAB全てのタイプで施工可能で、別タイプの組み合わせもできます。

例 上段:YL1型、下段:YS1型

【フェンスAB価格表】安い順に並べ替えました

お金とノートと電卓
価格型番デザインすきま
23,000円YR2型細い横格子大きい
TR2型細い横格子大きい
26,800円YS3型太い横スリット小さい
TS2型太い縦スリット小さい
28,000円YL3型中間の横ルーバーなし(通風可)
28,900円YR3型太い横格子大きい
29,100円TR3型太い縦格子大きい
30,500円YL2型太い横ルーバーなし(通風可)
YM2型横目隠しなし
TM1型縦目隠しなし
32,700円TR1型細い縦格子小さい
33,500円YS2型中間の横スリット小さい
35,100円YR1型細い横格子小さい
35,700円YL1型細い横ルーバーなし(通風可)
YM1型横目隠しなし
37,600円YS1型細い横スリット小さい
TS1型細い縦スリット小さい
42,400円YT1型採光パネルなし
50,300円YT2型採光ルーバーなし

すきまが大きいほど安い

同じタイプを比較すると、すきまが大きいほど安くなります。

単純に原材料が少なくなるためです。

きつね

こういったポイントをおさえるとイメージがつきやすくなりまよ!

細い繊細なデザインほど高くなる

同じデザインで細いデザインと太いデザインを比較しました。

細いデザインのほうが繊細な作りで、値段も高くなります。

細いけどすきまも大きいYR2型・TR2型のような例外も1部あり。

きつね

上記と同じでイメージがつきやすくなりますね。
数字が小さいと細い、大きいと太いもあわせて理解しましょう!

縦デザインのほうが安い傾向

横と縦のデザインどちらでもいいという人は、縦デザインのほうが費用を抑えられます。

横デザインの平均価格 31,390円

縦デザインの平均価格 29,950円

きつね

縦デザインから検討すると時短でフェンスが選べますよ!

採光はイメージどおり高い

採光はアルミ素材だけでなく、ポリカーボネートを使用しています。

目隠ししつつ、光を取り入れらるので、圧迫感をおさえつつ目隠しできまるのが特徴。

さらにルーバー機能のYT2型は超ハイスペックな商品。

採光2タイプは、イメージどおりお値段がフェンスAB最高値です。(木調デザインのぞく)

上位モデルフェンスAAとの比較

フェンスAA YS1型

フェンスABの上位モデルはフェンスAA

フェンスABフェンスがアルミ色がメインなのに対して、フェンスAAはフル木調です。

2022年から風格のあるメタル調が新登場。

フェンスABのお手軽さに対して、フェンスAAは値段が約2倍の高級フェンスです。

フェンスAA ML1型

他メーカーとの比較

他メーカーで同価格帯のフェンスを2つピックアップしました。

  • 三協アルミ:レジリア
  • YKKAP:シンプレオ

1社だけを見てはわからない気付きがあるのでおもしろいですよ。

ユーザーは何冊もカタログを見比べられない、時間がないと思うので、ぜひ参考にしてください。

三協アルミ:レジリア

  • 柱2mピッチで耐風圧強度36m/sの高機能なハイスタンダードフェンス
  • デザイン数は15種類
  • 高さ・色が全種類統一なので選びやすい

レジリアは、下記の記事でくわしく解説しています。

YKKAP:シンプレオ

  • ブロック上に140㎝、160㎝が建てられる目隠しに適したフェンス
  • 全てアルミ形材色で名前の通りシンプルなデザイン16種類
  • オプションが2種類(テクスチャーアタッチメント・フェンス下すき間隠し)

シンプレオは、下記の記事で詳しく解説しています。

合わせてチェックしてください。

オプションは下桟したざんすきまカバー

フェンスABは、全てのデザインで下桟したざんすきまカバーがラインナップされています。

下桟すきまカバーは、基礎とパネルのすきまをふさぐ部材です。

通常6㎝あくすきまを完全にふさぐことができます。

取り付けるメリット・デメリットはつぎの通り。

メリット
  • 外からの視線を完全カット
  • すきまからゴミを入れられない
デメリット
  • 後付け感が出る
  • 通風ができなくなる

1mあたりの定価で3,500~4,000円です。(本体+取付部品)

きつね

完全目隠しが希望ならぜひ検討してください!

できるだけ外構の費用を安くしたい人必見!

見積書と電卓

スタンダードなフェンスといっても、敷地外周全てをフェンスABにすると、かなり高額になります。

12,000円/mで40mとしても、48万円という高額さです

必要なところ(表側)だけに取付けることで効率的にコストダウンできます。

ベタですが、外周はメッシュフェンスという選択もコストダウンには効果的です。

人気のアメリカンフェンス(ネットフェンスの仲間)もおすすめです。

まとめ

比較表や価格表を参考にして、商品選びの時間を短縮してください。

あわせてパターン別おすすめも解説しました。

同価格帯で木調デザインを選択できるのは、LIXILだけなのでぜひ検討してください。

私のおすすめは、木調+両面デザインのYS1型です。

きつね

当ブログでは、外構に関する質問や相談もお問い合わせから受け付けています。

記事以外の内容でもオッケーなので、お気軽に問い合わせ下さい!(匿名可)

コメントまたは、記事にて回答させていただきますね。

当ブログで商品選びを時短して、もっと重要な業者選びに時間を割きましょう。

外構は業者選びが9割

【PR】タウンライフリフォーム

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人


家づくりに欠かせない【外構】。

それなのに失敗しやすい難敵・・・

外構業界を中から10年以上見てきた経験を活かして『外構リフォーム』をメインに情報発信中!

●現役エクステリアプランナー

●1級土木施工管理技士

●ブロック塀診断士

コメント

コメントする

目次