外構・エクステリアの相談受付中!(無料)

【フェンス基礎の教科書】独立基礎を理解して使いこなそう|業者の見極めポイントも解説します!

  • 独立基礎ってなんで使うの?
  • 値段が高くてびっくり!
  • 独立基礎を使うメリット・デメリットが知りたい
  • diyはできるかな?
  • サイズの考え方が知りたい

フェンス工事とセットで見積りに登場する独立基礎。

聞きなれない言葉なので不安や疑問がたくさん出てきますよね?

決して安い工種ではないので、失敗しないよう予備知識をつけしっかり選択していきましょう!

この記事の結論は、しっかりした業者に出会うことが独立基礎含むフェンスの成功の糸口だということ。

フェンスが倒れる事例も本当にあるので、かんたんに考えると危険な工種ですよ。

きつね

現役エクステリアプランナー/1級土木施工管理技士のきつね(@ktn_ktn_3)がお送りします。

外構は業者選びが9割

無料で相談する

独立基礎とはフェンス用の既製品の基礎ブロック

独立基礎とは、フェンスを建てるための既製品の基礎ブロックです。

独立基礎を使う理由は、施工が早他の工法と比較して費用が安いためです。

擁壁記事でも解説しましたが、既製品最大のメリットです。

フェンスを建てる基礎のパターンは主に下記の2パターンです。

  • 独立基礎
  • ブロック基礎

2つの工法を比較してみましょう!

基礎の種類フェンス独立基礎

独立基礎
化粧ブロックグレー

ブロック基礎
フェンス設置までの工程掘削→基礎設置→フェンス設置掘削→基礎コンクリート→ブロック積み→フェンス設置
施工の早さ早い遅い
費用安い高い
残土の量少ない多い
設置できるフェンスの高さ1.2m以上可1.2m以下
diyできるできない

比較すると独立基礎のよさが際立ちますね。

独立基礎のメリット・デメリット

施工性バツグンの独立基礎ですが、当然メリット・デメリットがあります。

きつね

選択する上でデメリットを知ることは大切です。
しっかりおさえておきましょう!

メリット

  • 施工が早い
  • 安く施工できる
  • サイズが小さければDIYできる

デメリット

  • サイズが大きくなると扱いづらい
  • サイズの選定が業者によってまちまち
  • 高低差が解消できない

金額が高いと思っても、他の工法より安く済むのが最大のメリット。

きつね

工期が短いのもうれしいですね!

フェンスは敷地境界に建てることが多いため、近所にも迷惑かけずに、影響少なく施工できます。

独立基礎のサイズを決定するのはフェンスの種類

実は独立基礎には細かいサイズ設定があります。

1メーカーのカタログを確認しただけで軽く50サイズ以上ありました。

しかし、その中でよく使うサイズは3~5種類程度です。

独立基礎のサイズは、mm(ミリメートル)で表示されるのが一般的です。例:「180×180×450」=「18㎝×18㎝×45㎝」

180×180×450
メッシュフェンス、ネットフェンス
300×300×600
1.8m以下のフェンス、風通しのいいフェンス
500×500×700
1.8m以上の目隠しフェンス、多段柱フェンス

風通しはカタログの通風率で確認できます。

きつね

業者から預かったカタログを見てみましょう!

きつね

補足ですが、風通しに関連する用語も解説するので下記をチェック。

通風率とは?
フェンスのパネル1枚に対して風を通す割合。数字が大きい方が風通しがいい。
目隠し率とは?
フェンスのパネル1枚で目隠しできる割合。数字が大きい方がより目隠しできる。
採光率とは?
フェンスのパネル1枚で光を通す割合。数字が大きい方が光を通す。

施工を含む独立基礎の費用

下記3種類の基礎の費用を材料費と施工費に分けて解説します。

  • 180×180×450(25kg)
  • 300×300×600(88kg)
  • 500×500×700(274kg)

180×180×450

材料費 700~1200円

施工費 1000~2000円

300×300×600

材料費 4000~6000円

施工費 5000~6000円

500×500×700

材料費 9000~12000円

施工費 9000~12000円

重機やクレーンが必要な大きいサイズは、値段が急激にはね上がります。


びっくりしますが、1個20000円を超えることもあります。

DIYできるおすすめ基礎サイズの最適解は2つ

使い勝手がいい独立基礎ですが、決して軽いわけではありません。

180×180×450でも25kgあるの取り扱いは注意してください。

きつね

腰を痛めないように気をつけましょう。指のはさまれにも注意です。

メッシュ系のフェンスなら180×180×450でのdiyをおすすめします。

取り扱いしやすく、流通も多いスタンダードなサイズだからです。


diyで目隠しフェンスにチャレンジするなら、250×250×450をおすすめします。

50kgを超えると重機が欲しくなるのでdiy向きではありません。

250×250×450の重量は45kgなのでギリギリ人力で動かせる重さです。(人によっては2人ががり)

50kgを超えないサイズでできるだけ大きい、かつ場所を取らないという理由でおすすめのサイズです。

強度を増すアイデアとして埋め戻しを土ではなく、再生砂、モルタルで埋めると安心度がアップ。

メーカー規定のサイズには達していないので、転倒は自己責任でお願いします。重機が使えない状況を想定しているのでご了承ください。

きつね

掘削したら残土も出るので処分の検討もお忘れなく!

購入ルートは業者経由かホームセンター

業者に依頼するなら用意してもらえるので心配はありません。

diyの場合は自己調達なのでちょっとした注意が必要です。

diyの基本購入ルートはホームセンターです。

最近の大型ホームセンターは建設資材の取り扱いが豊富なので、まず外売り場を見てみましょう。

うちの近所のホームセンターでは、180×180×450の基礎がありました。

運搬の注意点

運搬は貸出しトラックを使うのがおすすめです。

5個で100キロオーバーなので乗用車では負担が大きすぎます。

車を壊してしまっては元も子もないので気をつけましょう。

※コロナでサービス中止しているところもあるので、実際に問い合わせてください

購入する時の注意点

フェンスのパネルの数プラス1個の基礎が必要になるので勘違いしないで購入しましょう。

基礎の数は柱の数と一緒になります。(パネルの枚数に合わせると不足します)

施工日に物が揃わないと仕事になりません。

独立基礎は業者を見分けるカギになる

フェンスに対応した独立基礎を決めるのは、基本的に業者側です。

きつね

独立基礎に対する考え方が業者の見極めポイントとなるのでぜひ知っておいて下さい!

  • カタログと比べてどうか
  • 特別に転倒防止対策をするか
  • 基礎のサイズについて説明があるか
  • 規定の寸法が確保できないときの対処法


しれっと小さいサイズを使ってくる業者には注意しましょう。


現場状況によってそもそも大きい基礎が入らないパターンもあるので、しっかりした説明と根拠・対策がある上でのサイズ変更が理想的です。

きつね

提案力のあるなしも優良業者の条件です。


独立基礎は、業者の実力を見極めるカギになるので注意しましょう。

業者の選定は外構工事での重要度が高いです。

ここをミスると仕上がり・工程・コスト・設計全てに悪影響。

しっかり比較した上で決定しましょう。

家電だって比較するのに、オーダーメイドで金額の大きい外構を比較しないのは無謀すぎます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

きつね

当ブログでは、外構に関する質問や相談もお問い合わせから受け付けています。

記事以外の内容でもオッケーなので、お気軽に問い合わせ下さい!(匿名可)

コメントまたは、記事にて回答させていただきますね。


外構は業者選びが9割

無料で相談する
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人


家づくりに欠かせない【外構】。

それなのに失敗しやすい難敵・・・

外構業界を中から10年以上見てきた経験を活かして『外構リフォーム』をメインに情報発信中!

●現役エクステリアプランナー

●1級土木施工管理技士

●ブロック塀診断士

コメント

コメントする