外構・エクステリアの相談受付中!(無料)

【エスビック】化粧ブロック全39種を一覧表で徹底比較!おすすめの1本を見つけよう

エスビックアイキャッチ
  • エスビックのブロックを提案されたけど……
  • 商品数が多くて比較しづらい
  • おすすめのブロックがあったら教えて!

エスビックは、日本屈指の老舗ブロックメーカー。

パイオニアとして、ブロック業界を牽引しているメーカーで次々と新商品を出しています。

商品数もデザインブロック(いわゆる化粧ブロック)だけで39種類とかなりの多さです。

業界に精通している人なら、商品同士の比較・検討・理解ができますが、初めてブロックを検討するユーザーは迷ってしまうレベル。

この記事は『商品選びを楽にする』をコンセプトに、全39商品を価格順に並べ替えて一覧表にしました。

きつね

最適な商品選びを全力でサポートしますね!

商品選びを短縮し、外構成功のコア『業者選び』に時間をあてましょう。

外構は業者選びが9割

きつね

現役エクステリアプランナー/1級土木施工管理技士のきつね(@ktn_ktn_3)がお送りします。

目次

エスビックは日本屈指のブロックメーカー

  • 1952年創業来、70年の実績
  • ブロック売上No.1
  • アイデア&クリエイション
  • 地球環境との共生

エスビックは、戦後1952年に「新日本ブロック研究所」として創業した老舗ブロックメーカーです。

1969年にブロック売上No.1を獲得して以来、日本一を継続。

歴史・実績ともに日本を代表するブロックメーカーです。

日本を代表するメーカーだけあり、商品数もかなりのもので、初見で見極めるのは、至難の技です。

エスビックは、関東がメイン商圏のメーカーです。私の会社がエスビックの本社群馬県高崎市に近いこともあり、よく使用するメーカーの1つ。

化粧ブロック全39種価格比較表【安い順に並べ替えました】

ブロック 色見本

エスビックの化粧ブロック全39種を価格が安い順に並べ替えました。

実売想定㎡価格を定価の50%OFFとして算出

きつね

ブロックの大小で㎡単価が変わることも理解しておきましょう!

1本が安くても、小さければ量を使うので㎡単価が高くなるので注意。

小さいものだと24㎝×9㎝×13㎝、大きいものだと89㎝×29㎝×15㎝なので、1㎡に使う本数はかなり差があります。

『カタログで読み取りづらい部分をわかりやすくする』を意識したので、ぜひ参考にしてください。

今回は、価格帯別につぎの3パターンに分けました。

  • コスパモデル    5,000円/㎡以下
  • スタンダードモデル 10,000円/㎡以下
  • ハイエンドモデル  10,000円/㎡以上
商品名実売想定㎡価格(定価×50%)ひと言コメント定価(1㎡)㎡/個定価(1本)
スーパーC種3,375円無地6,750円12.5540円
スクエアC4,125円化粧ブロック最安値8,250円12.5660円
ウルトラC4,375円標準品8,750円12.5700円
スマートC4,625円標準品9,250円12.5740円
ビューライン4,812円左右対称のリブ9,625円12.5770円
ロジック5,000円14本リブ10,000円12.5800円
タフD1305,062円【NEW】耐風圧強度40m/s10,125円12.5810円
リブロックF5,625円8本リブのスプリット加工11,250円(13,250円)12.5900円(1,060円)
スレンダーリブ5,875円繊細な14本リブ11,750円12.5940円
ウルトラメタル5,937円クリアメタル塗装11,875円12.5950円
タフト6,367円耐風圧強度40m/s12,375円12.5990円
リブロックRX6,625円3つのラインナップ13,250円12.51,060円
リブロック1507,375円8本リブ14,750円12.51,180円(1,340円)
バイオメタル7,375円クリアメタル塗装14,750円12.51,180円
REリブ2SP7,750円非対称のスプリット加工15,500円12.51,240円(1,390円)
REリブ6RB7,750円6本リブ15,500円12.51,240円(1,390円)
スキエット7,780円横長シェイプブロック15,561円12.51,170円
デュエット8,250円キューブデザイン16,500円12.51,320円
ホールストーン8,312円切削加工で陰影を演出16,625円12.51,330円
REリブスクエア8,687円割肌仕上げのスクエアデザイン17,375円12.51,390円
ステアリブ9,062円段差のついた6本リブ18,125円12.51,450円
ニューライン5009,100円縦ライン+淀切り加工18,200円101,820円
本みかげ5009,100円みかげ石風18,200円101,820円
デュアル9,375円非対称のキューブデザイン18,750円12.51,500円
ベスロック13,200円レンガ調26,400円201,320円
ピッチブリック14,000円レンガサイズのミニブロック28,000円40700円
ピッチフェイス100/20016,250円ピッチ(こぶだし)加工の天然石風32,500円251,300円
大谷90016,650円大谷石風33,300円3.79,000円
こたたき90017,390円こたたき加工34,780円3.79,400円
ブリエ17,556円PR塗装35,112円13.32,640円
そ・ら・ら17,704円白いキューブ型35,409円11.13,190円
グラフ・ウォール25,935円【NEW】天然石風51,870円13.33,900円
ラピス・ウォール25,935円【NEW】天然石風51,870円13.33,900円
 ラボ・ウォール25,935円木目調51,870円13.33,900円
ラスティック45028,860円石目模様57,720円14.83,900円
ボーダー45028,860円天然石小端積み風57,720円14.83,900円
ブリエコロン31,302円PR塗装(150角)62,604円44.41,410円
コルジェボーダー39,875円ボーダー状の天然石風79,750円12.56,380円
ベネチア52,060円【New Color】タイル風104,120円13.77,600円
きつね

気になった商品があったら必ずカタログで確認しましょう!

コスパモデル(5,000円/㎡以下)

実売想定㎡価格が5,000円以下の商品をコスパモデルとして設定しました。

コスパモデルから選べば金額で失敗することはありません。

できるだけ安くブロック積みをしたい人におすすめのブロックです。

コスパモデルの商品は、つぎの5種類。

  • スーパーC種
  • スクエアC
  • ウルトラC
  • スマートC
  • ビューライン

スーパーC種は無地の改良版なので、純粋な化粧ブロックとしての最安値は、スクエアCです。

私が直近で積んだ化粧ブロックもスクエアC。

ただし、同価格帯としてスウルトラC・スマートCを含んで標準品とするパターンが多いです。

アルファベットのCが立ち並んでいますが、ブロックの強度を表しています。(C種の意味)

スタンダードモデル(10,000円/㎡以下)

スタンダードモデルは10,000円/㎡以下として設定しました。

スタンダードモデルはつぎの19種類です。

  • ロジック
  • タフD130
  • リブロックF
  • スレンダーリブ
  • ウルトラメタル
  • タフト
  • リブロックRX
  • リブロック150
  • バイオメタル
  • REリブ2SP
  • REリブ6RB
  • スキエット
  • デュエット
  • ホールストーン
  • REリブスクエア
  • ステアリブ
  • ニューライン500
  • 本みかげ500
  • デュアル

コスパモデルと比べて、加工が凝っていて高級感も出てくる価格帯です。

特殊な加工

  • クリアメタル塗装
  • 切削加工
  • スプリット加工
  • ピッチ加工

テイストも洋風・和風とさまざまで、幅広く選べるのが魅力。

外周にも使えて、門柱として使える万能な価格帯の商品です。

ハイエンドモデル(10,000円/㎡以上)

ハイエンドモデルのブロックは、つぎの15種類です。

  • ベスロック
  • ピッチブリック
  • ピッチフェイス100/200
  • 大谷900
  • こたたき900
  • ブリエ
  • そ・ら・ら
  • グラフ・ウォール
  • ラピス・ウォール
  • ラボ・ウォール
  • ラスティック450
  • ボーダー450
  • ブリエコロン
  • コルジェボーダー
  • ベネチア

ハイエンドモデルともなると、加工や装飾が超特殊。

高級感がかなりあるので、唯一無二の外構を作りたい人におすすめの商品です。

  • 天然石調
  • タイル調
  • 木目調
  • レンガ調

「本当にブロックなの?」と疑うレベルのクオリティ。

最近使ったベスロックもブロックの質感ではなかったです。

門柱や家の目立つところのファサード使いがメインのブロックです。

外周に使うこともできますが、高くなりすぎるのが欠点。

例えば、2㎡(1m×2m)の門柱として、ベネチアだと材料だけで10万オーバー。

きつね

さすがに広範囲の施工には不向き!

価格帯別おすすめブロック

化粧ブロック1本

ここでは価格帯別(コスパ・スタンダード・ハイエンド)におすすめのブロックを紹介します。

コスパモデルおすすめ

エスビックが前面に押し出しているのは、スマートCスクエアC。

カタログの掲載ページが3ページ(通常1ページ)で力の入れ具合が伝わってくる商品です。

特にこだわりがなく、費用を抑えたいユーザーへ真っ先に提案する商品でもあります。

外周のブロック積みに最適な化粧ブロックです。

スタンダードモデルおすすめ


最近注目しているのは、タフトやタフD130などのより強度を高めた商品です。

タフD130は2022年の新作

通常のブロックの1.3倍まで強度を高めた設計で、フェンスを安心して建てられます。

近年の気候の変化に対応すべく、エスビックとユニソンが共同開発した業界初の試みです。

従来フェンスは、柱を増やすことで耐風圧強度を高める選択ができましたが、ブロックには選択肢がありませんでした。

フェンスの耐風圧強度が42m/sになっても、基礎のブロックが34m/sのままという業界のブラックボックス。

タフトは静的加力試験で40m/sまで耐えられる実験結果で、限りなくフェンスの強度に近づきました。

きつね

今後、選択肢の1つとして普及していくブロックです。

ハイエンドモデルおすすめ

自然風のジオシリーズから2種類新作が登場しました。

  • グラフ・ウォール
  • ラピス・ウォール

従来品は、ラボ・ウォール。

グラフ・ウォール
天然石風(荒々しい模様の砂岩風)
ラピス・ウォール
天然石風(優しい模様のトラバーチン風)
ラボ・ウォール
杉板の木目調

強度的に天然石を積み上げた門柱が作れないこともあり、高額ながら需要の大きい商品です。

新作を出してくるところからも、売れ行きが想像できますね!

きつね

外構で個性を出したい人におすすめのブロックです!

材料以外に積み手間がかかる

ブロック積み
きつね

ここまでブロックの材料費について解説してきました。

ブロック積みには、その他に積み手間(施工費)がかかります。

1本500~1,000円が相場ですが、業者や地域によってもばらつきが出るポイントです。

また、業者によって単位が「本」「㎡」「m」とさまざま。

下記の記事で、ブロック積みの単価を公開しつつ、お得に依頼する方法・考え方を解説しています。

本記事のテーマである化粧ブロックにも触れているのでぜひ参考にしてください。

まとめ

価格順に並べ替えたことで相関関係がわかりやすくなりました。

カタログでは読み取りづらい部分もあるので、ぜひ参考にしてください。

価格表を参考に商品選びの時間をガンガン短縮しましょう。

外構を成功させる要素は、商品選びだけではありません。イメージづくり、業者選び、打ち合わせ、施工のチェック、メンテナンスなどやることがたくさん。

中でも特に重要な業者選びに十分時間を使って外構を成功させましょう!

きつね

当ブログでは、外構に関する質問や相談もお問い合わせから受け付けています。

記事以外の内容でもオッケーなので、お気軽に問い合わせ下さい!(匿名可)

コメントまたは、記事にて回答させていただきますね。

外構は業者選びが9割

【PR】タウンライフリフォーム

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人


家づくりに欠かせない【外構】。

それなのに失敗しやすい難敵・・・

外構業界を中から10年以上見てきた経験を活かして『外構リフォーム』をメインに情報発信中!

●現役エクステリアプランナー

●1級土木施工管理技士

●ブロック塀診断士

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次