計画

山砂でお庭をおしゃれにリフォーム!メリット・デメリットをプランナー目線で解説

2021年12月24日

  • 土の部分を残したくない
  • 砕石は殺風景でいやだ
  • ナチュラルな雰囲気が好き

結論、上記の人には山砂がおすすめです。

しかし、 ネット上に情報が少なく、良し悪しの判断がしづらいのも事実。

そこでこの記事では、山砂のメリット・デメリット、水はけ問題、購入方法などを幅広くまとめました。

判断基準となるよう丁寧に解説していきます。

現役エクステリアプランナー/1級土木施工管理技士のきつね(@ktn_ktn_3)がお送りします。

山砂とは?

公園の山砂

花崗岩が風化し、砂状になったものが山砂です。

ふるいをかけて粒の大きさを調整して山砂となります。

名前の通り、山から取れる砂ですね。

黄色っぽい砂で、保育園の園庭をイメージするとわかりやすいです。

ナチュラルな雰囲気が好きな人に好まれている材料です。

区別がハッキリしない山砂と真砂土の違い【結論一緒でオッケー】

山砂と一緒に話題になる真砂土(まさど)と呼ばれる材料があります。

原料となる花崗岩は一緒ですが、性質が違う材料です。

山砂と真砂土の違い

真砂土→少し粘り気がある土状

山砂→粘り気を適度に取り除いた砂状

   → 川砂よりは土の成分が多い

しかし、細かい区別は覚えず、「一緒の材料」という認識で大丈夫です。

工場によっての差や、地域差もあるのでハッキリした区別がむずかしいからです。

問い合わせる会社は、〇〇建材という名前あたりに目星をつけて問い合わせましょう。

ムダ足にならないように、まず電話で下記を確認して下さい。

問い合わせる内容
山砂の取り扱いがあるか?
小型のダンプで運んでもらえるか?
運賃込みの値段はいくらか?

山砂はこんな人のお庭におすすめです【結論】

結論、下記の人に山砂をおすすめします。

  • 土の部分を残したくない
  • 砕石はいやだ
  • ナチュラルな雰囲気が好き
  • 植栽をしない
  • 敷均しがdiyでできる
  • 防草効果にも期待したい
  • 敷く面積が広い

当てはまる人は、山砂を検討する価値ありです。

ただし、当然デメリットがあるので、次で解説しますね。

山砂のメリット・デメリットを理解しよう

メリット・デメリット

外構は1度施工してしまうと、やり直しがなかなか効きません。

そのため、メリットだけでなくデメリットを理解した上で購入して下さい。

基本的には、メリットの方が多い材料なので安心して下さい。

メリット

  • 見た目がナチュラルでおしゃれ
  • 土と比べて草が生えづらい
  • 固くなるので土より歩きやすい
  • 水はけがいい
  • 少し地面が低い場合に適している

デメリット

  • 土のままよりは費用がかかる
  • 植物の育成に向かない
  • 施工しだいで水はけが悪くなる

山砂を購入するおすすめ方法

check-list-and-pen

山砂を購入するには下記の4つの方法があります。

  • 外構専門業者
  • 建材屋
  • ホームセンター
  • ネット

上記の中で1番のおすすめは、建材屋です。

1度に2t、3tと大量に運んでくれるので、割安になります。

工事と一緒に発注できるのであれば、外構専門業者も2番めのおすすめになりますね。

重量物のため、ネットやホームセンターでの購入は不向きです。

建材屋と袋売りの購入金額

家づくりの費用イメージ

建材屋なら2t車1台10000~20000円で運んでくれます。

業者や運搬距離によって差があるので、正確な金額は実際に問い合わせて下さい。

山砂を敷ける参考の面積

厚み5㎝で20~25m2の面積に敷けます。

袋売りの場合は、20kgで1000円程度を目安にするといいでしょう。

ただし、流通が少ないので手に入りにくいという難点があります。

2000円以上と明らかに値段が張る山砂は、桐生砂などの植木や盆栽で使う材料(用土)です。

diyする際の注意点は2点【水はけに直結】

ランマーでの締固め

diyの注意点は、締固めと勾配の2点です。

この2点を押さえないと労力ばかりかかる失敗のdiyになってしまいます。

水はけにも直結するので特に注意が必要です。

締固め方法

泥の成分を含むのでよく締まる山砂ですが、締固めをしないと固くなりません。

ホームセンターや建機リース屋でプレートを借りて固めましょう。

プレートは締固め機械ではなく、本来はランマーというのは置いておきます。

diyにはそこまで必要ない(求められない)ので。

面積が少なければ、自作もできるタコという道具でもオッケー。

水はけをよくする勾配の考え方

平らではなく表面に勾配をつけることで、水はけをよくできます。

勾配必ず1%以上つけましょう。

1mで1㎝上がる(下がる)のが1%勾配

1mで2㎝なら2%勾配

ブロック塀など水平な構造物が近くにある場合は、目標とする高さを印するとならしやすくなりますよ。

実際に施工した人の口コミ

ここでは、実際に施工した人の口コミの一部を紹介します。

実際の口コミ

土の時より歩きやすくなった

外構が明るく見える

最初から土のままではなく山砂にしておけばよかった

施工してきた人で、後悔しているという話しは聞かないですね。

自信を持っておすすめしますよ!

山砂は固まる砂にも似てるけど違うの?

黄色っぽい砂と聞くと、マサ王などの固まる砂をイメージする人がいます。

固まる土もあるよ!

原料の系統は花崗岩メインなので一緒ですが、作り方は別物です。

固まる砂は、セメントを混ぜ、固まる性質を持たせた砂です。

セメントが入ることでひび割れ・はがれなどの不具合が起こりやすくなるのでおすすめしてません。

広い面積に敷くにも向かないですね。

山砂が荒れた場合は直せますが、固まる砂はやり直しが効きません。

最初からやり直すことになるので、注意が必要です。

山砂って川砂とは違うの?

ダンプに積まれた川砂

名前の通り川砂は川、山砂は山から取れる砂です。

名前は似ていますが、特徴は全く違います。

川砂は、コンクリートやモルタルの材料としての流通量は多いですが、固まりづらく、庭に敷く用途では使いません。

保育園で考えると、山砂が園庭で川砂が砂場のイメージです。

まとめ

山砂は、メリットが多いかつ、安いコストで広く施工できるのでおすすめです。

土の代用としては、デメリットこそ少しありますが、かなり優秀な材料です。

お庭のグレードアップとして、ぜひ検討してみて下さい!

当ブログでは、外構に関する疑問やお困りごとの相談を受け付けています。

お問い合わせフォームから気軽に質問して下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-計画

© 2022 外構リフォームなび!