外構・エクステリアの相談受付中!(無料)

まさか!?2022年エクステリア商品の値上げ第2弾が開始!

比較資料
  • またエクステリア商品が値上げ?
  • 値上げが多すぎてよくわからない……
  • 値上げ情報をまとめて教えて!
きつね

2022年は2~4月にかけてエクステリア商品の値上げラッシュがありました。

各メーカー10%程度の値上げ状況です。

そんな中、2回目の値上げ情報が入ってきました!

2022年7月1日時点、値上げ情報が上がっているのはつぎの5社。

  • LIXIL
  • 三協アルミ
  • イナバ物置
  • ヨドコウ
  • タクボ物置

今回は2022年下半期(7月~12月)の情報をメインに解説します。

正直、値上げが多く業者もお客さんも現状を把握しづらいので、情報をまとめました。

前回の値上げにも触れつつ解説していくので、2022年の情報がまるわかりです!

きつね

現役エクステリアプランナー/1級土木施工管理技士のきつね(@ktn_ktn_3)がお送りします。

目次

値上げの原因は生産コストの増加

相次ぐ値上げの原因は、生産コストの増加です。

  • 原材料費の鋼材
  • 燃料
  • 関係資材
  • 運搬コスト
  • 人件費

これら全てのコストが増加し、企業内で受け止めきれないことが要因です。

きつね

実際に外構に使う鋼材(鉄筋やワイヤーメッシュ)もどんどん値上げしています。

LIXILは2022年10月3日より値上げ(2回目)

前回4月1日は、 1部商品で約10%の値上げを実施しました。

1部商品の例

比較的高価格帯の商品が値上げの対象でした。

今回10月3日は、4月1日に値上げした商品を約5%、していない商品を15%の値上げ予定です。

全体的に15%アップすることになるので、かなり大きい変化です。

三協アルミは2022年11月1日より値上げ(2回目)

前回2月1日は約10%の値上げ、今回11月1日は8~20%の値上げを予定しています。

きつね

商品によっては20%以上変わってくるので、お客さんの負担も大きくなります。

現段階で1番値上げ幅が大きいのは三協アルミです。

下半期に値上げ予定のないメーカー(今年1回のメーカー)

下半期に値上げ予定のないメーカーはつぎの5社。(2022年7月1日時点)

それぞれ3~4月に1回値上げしています。

  • YKK AP(4月1日)
  • 四国化成(4月1日)
  • タカショー(3月1日)
  • エスビック(4月1日)
  • ユニソン(4月1日)

今後発表される可能性もあるので、要チェックなメーカーです。

今年1回も値上げしていないメーカー

大手で値上げしていないメーカーはないです。

今後の動きを予想

全体をみると、まだまだ値上げ幅はまちまち。

他メーカーに追従する動きがあるので、値上げはまだまだ止まらないと思います。

きつね

今後の動きは、こまめにチェックする必要がありますね!

まとめ

きつね

順次発表があるので、情報を追っていきます。

しかし、20%の値上げは正直痛い……

50万なら60万、100万なら120万と高額商品なほど痛手。

この差は『発注が間に合うかどうか』だけです。

間に合うのに見過ごして欲しくないです……

早めに相談する環境を作れば、こうした失敗を回避できます。

前月に発注して取り置きも1か月くらいなら可能なので、相談してみましょう。

外構は業者選びが9割

きつね

当ブログでは、外構に関する質問や相談もお問い合わせから受け付けています。

記事以外の内容でもオッケーなので、お気軽に問い合わせ下さい!(匿名可)

コメントまたは、記事にて回答させていただきますね。

【PR】タウンライフリフォーム

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人


家づくりに欠かせない【外構】。

それなのに失敗しやすい難敵・・・

外構業界を中から10年以上見てきた経験を活かして『外構リフォーム』をメインに情報発信中!

●現役エクステリアプランナー

●1級土木施工管理技士

●ブロック塀診断士

コメント

コメントする

目次